若草鹿之助の「今日はラッキー!」

日記です。孫観察、油絵、乗馬、おもしろくない映画の紹介など

高額

額縁屋のお兄ちゃんが注文してあった額縁を持ってきてくれました。 お兄ちゃんは、「もう少し落ち着いた金なら・・・」とちょっと残念そうであった。 絵を額に入れてじ~っと見ていたお兄ちゃんが、「若草さん、こんなこと言うたらナンですけど、ウデ上げは…

カトリックかプロテスタントか

久しぶりで額縁屋のお兄ちゃんが来ました。 お兄ちゃんといっても50歳くらいだと思いますが、30年以上の付き合いなんで「お兄ちゃん感」が抜けない。 この人はひとことで言うと「ヘンコ」です。 「ヘンコ」とはどんな人かと聞かれたら「額縁屋のお兄ちゃんみ…

『祈りの聖母』と部屋の明るさ

ジョヴァンニ・バティスタ・サルヴィの『祈りの聖母』の模写がいよいよ完成と言いたいとこですが、いよいよ行きづまってきたと言うほうがいい。 先生なら「きりがないですからこのへんで」と言われるとこだと思います。 模写の途中で教室をやめたので自分で…

どうする?

どうするか悩んでる聖母マリア模写。 これまでは先生の指示通り進めて先生の指示通り終ってました。 美術予備校をやめても自分で描き進めるのはまあできるんですが、やめどきがむずかしい。 先生の終了の合図は、「まあ、きりがないですからこのへんで」とい…

気持ちのいい絵を見よう

海老原喜之助の『ポアソニエール』の模写です。 10年ほど前、油絵を再開したころに模写しました。 頭に乗せた魚が、海老原喜之助の筆さばきだと「新鮮ピチピチ!」なのに私が描くと「くさりかけ」になって悪戦苦闘でした。 題名は「魚売り」というような感じ…

悩みどころ

『祈りの聖母』模写続行中。 先は長い、ということはわかります。 全体にまだまだである。 美術予備校の先生によく言われた「絵のグレードを上げていく段階」にはまだ入ってない。 しかし、ここからは描き進めてもそう大きくは変わらない。 しんどいとこです…

張り詰めた空気

模写を続けてます。 完成にはまだまだです。 張り詰めた空気が欲しい。 受験生と先生が生み出す美術予備校の教室の張り詰めた空気を我が家に求めるのはムリである。 3時間集中してわき目もふらず描き続けるというのもムリである。 私の模写の原動力は私じゃ…

聖母緊張度

予備校をやめてからも『祈りの聖母』の模写を続けてます。 予備校で描いてた時の緊張感がないのがつらいとこです。 緊張して描けばいいんですが、そう簡単に緊張できるもんじゃないですね。 聖母は、「こいつ、緊張が足らんなあ」と思ってると思う。 「予備…

緊張と集中

美術予備校をやめたんですが、『祈りの聖母』の模写の途中でやめた。 で、模写再開しました。 予備校でやるのと一番のちがいは「緊張と集中のなさ」です。 ひとたびキャンバスに向かって絵筆を持てばコロナ不安を吹き飛ばす緊張と集中!だといいんですが、そ…

コロナ退所

10年通った美術予備校をやめました。 先生は、受験生が大学に合格してやめるのを「寿退所」と言ってました。 私は「コロナ退所」かな。 コロナ騒動で3か月休んでる間に私が通ってた教室が本校に統合されて少し遠くなってしまった。 10年通って、もういいかな…

小指

美術予備校で『祈りの聖母』模写の続き。 先生が「今日は、手の三層目いきましょう」と言われました。 いよいよ完成段階か、と思うのは素人の浅はかさです。 あまいです。 先生は続いて「手を仕上げるつもりでやりましょう」と言われました。 仕上げるんじゃ…

めげる

きのうは美術予備校。 この時期になると平日午後の社会人クラスに受験生が混じってきます。 直前特訓です。 きのうも4人いました。 教室の空気は張り詰めますというか受験生を見ている私が張り詰めてしまう。 『祈りの聖母』を模写するのにふさわしい雰囲気…

気合

美術予備校で模写の続き。 着色工程二日目です。 先生が、「とくにむずかしい技法ではありませんが、仕上がりは気合で大きくちがってきますからね」と言われました。 気合か。 私に不足しているものの一つですよ。 先週は向かって左手、今日は右手です。 3時…

描き初め

きのうは美術予備校。 ウチの近所のバス停からバスに乗ったら向こうの歩道にゆうちゃんとあきら君とママが見えた。 必死に手を振りつづけてたらあきらくんが気づいてニコニコと手を振ってくれた。 うれしかった。 馬に蹴られて休んでいる間も描き進めてまし…

模写

『祈りの聖母』の模写をしてます。 模写というのは描き進めていくにつれてだんだん本物に近づくと思う人が多いのではなかろうか。 ちがいます。 少なくとも私の場合ちがいます。 描き進むにつれてだんだんちがうとこが見えてくる。 なぜ早い段階で気づかない…

『祈りの聖母』

ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィの『祈りの聖母』模写進行中。 先生は、「顔にあと二、三日、手に二、三日、衣装に二日くらいですかね」と言われましたので、色を付けるのは来年ですね。 模写してみると、こういう美術館に所蔵された「名画」というの…

遺作

今日は美術予備校。 社会人クラスの男性Aさんは、「私はトシは言わないことにしてます」とのことで年齢不詳。 先日の台風の時話をしてたら、「キティ台風はこわかったですなあ」と言ったので私より少なくとも二つか三つ年上だと思います。 年相応にあちこち…

聖母模写

ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィの聖母マリア像を模写してます。 17世紀の画家で、人気はあったけど「芸術家!」という感じじゃなくて、注文を受けていろんな画家の「コピー」も器用にこなしたそうです。 単なるコピーじゃなくて、自分流にコピーした…

『祈りの聖母』模写

模写を始めました。 ジョヴァンニ・バティスタ・サルヴィという知らない画家の『祈りの聖母』です。 まず白黒でという先生の指示に従って描いてます。 宗教画の模写をしたいんですが、なかなか手ごろなのがないんです。 手ごろなマリア像とか手ごろなハリツ…

模写と実作

油絵を描いてますが、大きい絵を描くのがだんだんしんどくなってきました。 若いころは100号も描いてたんですが、30号でもしんどくなってきた。 大きい額を置いといてもしかたないのでほしい人があれば譲ろうと思いました。 美術予備校の先生に言ったら、社…

いずこも同じ、じゃなかった

今日は美術予備校。 私と同年配の男性Aさんは、定年後の趣味として水彩画を描いてます。 自分でとった写真をもとに描いてる。 先生の徹底的指導にネを上げながらもがんばってます。 先生の徹底的指導とAさんのがんばりのおかげでかなりの質の作品が仕上がっ…

模写

名画の模写は、非常にしんどい作業でもあるし、行きつくべきところがわかってるという意味ではラクともいえます。 自分の絵は、行きつくべきところがわからんというか、どこに行くのか、どこに行けばいいのかわからんのが、困ったもんです。 みいちゃんを描…

若い!

今日は美術予備校。 黒板に木炭で描いた石膏デッサンが2枚貼ってあった。 美術予備校に石膏デッサンは当たり前ですが、最近は少ないです。 石膏デッサンが美大の入試から減って行ってるそうです。 理由は、石膏デッサンのようなしんどいことをさせると受験生…

額縁

模写したヤン・ファン・アイクの『受胎告知』用の額縁が届きました。 額縁屋のお兄ちゃんが持ってきてくれました。 絵が市販の大きさじゃないので、額縁を選ぶときは、10センチほどの見本を見て選びました。 実際の姿を想像しにくいので難しいです。 私は別…

一件落着

読者の皆様にもご心配いただいてることと思いますのでご報告申し上げます。 額縁、決定いたしました。 さきほど、額縁屋のお兄ちゃんが雨の中ウチに来てくれました。 模写したヤン・ファン・アイクの『受胎告知』用の額縁の新たな候補を三点持ってきてくれた…

掛け軸問題

きのう書いた「額縁問題」の額縁屋のお兄ちゃんとは、掛け軸でもめたことがあります。 額縁屋ですが、掛け軸も扱ってるんです。 ウチには祖父が遺した掛け軸があります。 高いものはないと思いますが、趣味はいいと思います。 何年か前、家内が修復に出そう…

額縁問題

私が、自作油絵の額縁選びで毎回苦労してることは何度も書いてます。 額縁屋のお兄ちゃんが、私に自由に選ばせてくれないんです。 30年来の付き合いなんでつい「お兄ちゃん」と言ってますが、もう50前だと思います。 「客とともに悩む」というのならいいんで…

完成

模写してたヤン・ファン・アイクの『受胎告知』のマリア像、完成しました。 完成といっても、いつものように先生が「ここまで!」と宣告したということなんですが。 今回、私としてはもう少しがんばってもいいかと思ってたんですが、「この先は泥沼です。き…

模写

ヤン・ファン・アイク『受胎告知』のマリア像模写が完成に近づいたというか煮詰まってきたというか行き詰ってきたというか、まあそんな感じです。 どこまでやればいいのか、どこまでやれるのかは自分ではわからないので、先生の指示待ちです。 この作品のポ…

久しぶり人物画

きのう撮った写真をもとに、みーちゃんを描きました。 写真を撮りながら、みーちゃんは微妙な時期だと思いました。 わかりつつある。 「こっち向いて~!」というとカメラの方を見てくれる。 ポーズしてるようなしてないような感じです。 少し前だと、「こっ…