若草鹿之助の「今日はラッキー!」

日記です。孫観察、油絵、乗馬、おもしろくない映画の紹介など

ガキ大将とちゃりんぼ

きのう書いた「まあちゃん」は「ガキ大将」だったと思います。

「ガキ大将」は今や死語でしょうか。

 

私の子供時代の記憶は「ちゃりんぼ」時代から始まる。

「ちゃりんぼ」も死語かな。

「ちゃりんぼ」というのは、おにごっことかかくれんぼとかの遊びに混ぜてもらうけどつかまっても鬼にならなくていいという特殊な身分で、小学生未満だったと思います。

子ども世界の共通ルールのようですが地域によって呼び名がちがうみたいです。

 

ちゃりんぼ時代、暗くなって外でみんなと楽しく遊んでると母が呼びに来る。

「なんでボクだけ」と納得できないまま手を引かれてとぼとぼ帰った。

 

ごっこをしてて私が鬼につかまりそうになったとき、まあちゃんが私を小脇に抱えて走って逃げてくれたことがある。

小脇に抱えられた感触をおぼえてましたがその感触がほとんど消えてしまったのは残念である。

 

ちゃりんぼ時代野球もしました。

野球と言っても野球じゃない。

一塁と三塁だけで三振もフォアボールもなし。

何人でやるかも決まってない。

 

あるときよほど人数が足りなかったようで私がピッチャーをさせられた。

野球のやの字も知らないころです。

投げたらぽ~んとフライが上がった。

ピッチャーフライです。

ぼ~っとボールを見あげてたら後ろから黒い影がばっと突進してきたかと思うとダイビングキャッチ!

三塁を守ってたまあちゃんであった。

かっこいい!と感激しましたがその感激が単なる記憶のかけらになってしまったのも残念である。

 

まあちゃんはいわゆる「ガキ大将」だったんだと思います。

ちゃりんぼの私にとって高学年男子というと屈強な大男という感じでこわかったんですがまあちゃんだけはこわくなかった。

口をきいた記憶もないんだけどなんとなく「守ってくれる人」という感じだった。

 

そのまあちゃんもいつの間にか私の視界から消えていった。

彼らが消えていくときなんのあいさつもない。

お別れの会もない。

送辞も答辞もない。

 

次にまあちゃんの名前を聞いたのはそれから数年後です。

母が「あの子、中学を出て働くんやて」と言ったんです。

まあちゃんとはそれが最後です。

 

 

 

 

 

誕生日

今日はしょうちゃんの誕生日。

10歳になりました。

 

しょうちゃん一家がゆうちゃん(中一)あきらくん(10歳)宅に来てバースデーパーティ。

私たち夫婦も参加しました。

 

1歳児てっちゃんはいつものようにおだやかにうろちょろしてました。

あきらくんに「てっちゃんはおとなしいな」と言ったら、「自分の家では凶悪やで」。

よそではおりこうちゃんというのは立派なものだと思いました。

 

みんなでわいわい騒いでるところへ175センチになったゆうちゃんが二階から降りてきた。

完全別格です。

ほかの4人とは別世界の住人、お先に失礼という感じです。

 

私の子供時代を思い出した。

ついこの間までいっしょに遊んでたまあちゃんやはじめちゃんがいつの間にか視界から消えた。

次の年けんちゃんやよっちゃんが視界から消えた。

 

中学生になったから、とは思わなかった。

いつの間にかいなくなる。

不思議なヘンな感じだった。

自然に縁が切れた。

 

あきらくん、しょうちゃん、みいちゃんにとってはどんな感じなのかな。

 

 

 

 

 

白内障2

きのう近所のA眼科で白内障の手術をした方がいいと言われました。

A眼科は手術はしません。

 

家内は2021年に白内障の手術をしてます。

そのときは車で10分ほどの超有名N眼科を選びました。

眼科としては世界最大ではないかと思える規模でびっくりしました。

待ち時間も長かった。

 

でA眼科の先生にその話をして別の眼科で手術したいと言ったら「どこでも同じようなものですよ」と言われた。

言われたけど駅ビルのB眼科にしました。

 

で、今日行ってきました。

駅ビルの中の個人病院ですが混み具合も待ち時間も同じようなものでした。

高齢者社会をなめてはいかん。

ベビーブーム世代の白内障ブームですよ。

 

待合室で座る席がなくて立ってる人が何人もいた。

問診票を立って書いたのははじめてです。

待ち時間が長いので検査の途中でトイレに行く人が何人もいた。

 

担当医はかっこいい青年でした。

私の視力はかなり悪いみたいなんですが「今特に不自由を感じません」と言ったら「見え方は個人差が大きいです」と言われた。

「視力が悪いのに不自由を感じないというのは頭がおかしいんでしょうか」と言ったら「性格がいいんでしょう」と言われて納得しました。

 

 

 

 

 

 

白内障

きのう自動車免許の高齢者講習で視力が落ちていると言われました。

それは感じてましたが特に不自由はないし年相応と思ってました。

 

今日、念のため近所の眼科に行きました。

この眼科で2012年に「あなたは眼底血管がお若いです」と言われて気を良くしたことがあります。

それ以来あっちこっちで眼底血管自慢しました。

 

「眼底血管が若いと言われたことありますか?」

ひとりもなかった。

 

その時「白内障の兆候は見られますが手術したからと言ってすっきりするというほどのレベルではありません。あなたがよほど懇願すれば手術してもらえると思いますがどうしますか?」と言われたんですがそう言われて手術する人いるかな。

 

今回も「とくに問題なし」だろうと思ってたんですが、「白内障が進んでるので手術した方がよろしい」と言われました。

12年前、お若いですと言われた私の自慢の眼底血管は今回眼底写真にも写らないほどの状態になり果ててた。

 

この12年、老化が順調に進んでる、と喜ぶ人いるかな。

 

先生に「二、三年前から視力の衰えは感じてたんですがもう少し早く来るべきでしたね」と言ったら「だいたい免許切り替えの時ですよ」と笑われた。

 

「適齢期ですからね」と言われましたが「おお!そうか!」と喜ぶ人いるかな。

 

 

高齢者講習

運転免許の高齢者講習に行ってきました。

 

3年前に受けた講習の講師のしゃべりがあまりにおもしろかったので同じ教習所に申しこみました。

残念ながらその吉本新喜劇座長風の女性講師は別のレッスンで、今日は所長の担当でした。

所長は吉本新喜劇顧問という感じでまあおもしろかった。

受講生は前回は吉本新喜劇座員みたいな人が二人いておもしろかったんですが今日はまともな人ばかりで盛り上がりに欠けた。

 

前回とちがったのは視力検査で、前回はすわって検査したのに今日は立ったまま。

立ったままでもいいんですが検査機が中途はんぱな高さに設置してあるので中腰というかへっぴり腰というかヘンな姿勢になる。

なぜこんな姿勢で視力検査をさせるのか不思議に思った。

 

もうひとつちがったのは実地運転で車庫入れと縦列駐車がなかったこと。

運転技能として重要だと思うんですが。

なぜなくなったのか所長に聞こうと思ってたのに忘れてしまった。

 

今日の講習で一番心に残ったのはそれを忘れたことです。

認知機能検査は合格だったけどだいじょうぶかな。

 

 

ヤマハ・ポップ!ステップ!ライブ!

きのう書いたステージ衣装の写真があったと思って探したらありました。

ヤマハの「ポップ!ステップ!ライブ!」というイベントでした。

「そういえばそんなことがあったなあ」という30年前の話です。

左がベースの高校生、右がギターの社会人。

私の衣装は先生から借りたんですが若者二人は教室からの1万円で古着屋で買ったジャケットです。「ドラムは見えないから」という先生の判断でドラムの大学生は普段着でした。

かっこよく弾いてるように見えますが弾いてないんです。

最初の練習が終わった時先生が「歌とギターの両方はムリみたいですね。ギターは持ってるだけにしましょう」と言われたんです。

迅速賢明な決断だったと思います。

先生の振付指導も厳しくてハデに動けと言われた。

動きも練習したんですがギターの若者は「動きながら弾くのはムリです」と早々とギブアップしました。

弾かない私だけ激しくはムリだったけど何とか動いたのがこの写真です。

 

このイベントはヤマハ音楽教室の生徒が作ったオリジナル曲を生徒がバンドを組んで演奏するというものでした。

習い始めて1年目で発表会に出てステージでバンドで演奏する楽しさを知ったところだった私は無謀にもオリジナル曲を作って応募したら選ばれてしまった。

もちろん私にとって初の作詞作曲でした。

ほかの応募曲を聞いたら私のよりかっこいいのばかりでなぜ私のが選ばれたのか不思議でした。

たぶん私の曲が「若い時バンドを組んでた4人組が中年になってまたいっしょに始める」という内容だったのでヤマハの営業方針と合ったんでしょう。

 

実に立派な会場でした。

フェスティバルホールなどに出るミュージシャンが本番そっくりの練習をするための練習用スタジオだそうです。

私たち出場者の演奏をテレビ番組みたいに録画してくれてビデオをくれるというのがごほうびでした。

 

出番前にほかのバンドの演奏を見てたら、強烈なライトが激しく交錯するはテレビカメラは動き回るはスモークはたくは、もうむちゃくちゃで私たち4人は誰いうとなく「ぼくたち、あそこでやるんですか?」

 

ぼうぜんとしてるうちに出番が来たと思ったら私たちのバンド名が叫ばれた。

「オールドタイマーズロックンロールバンド!」

ギターの若者がイントロを弾きだしたので「やらんとしゃーない」という感じでした。

 

ライトは当たるはテレビカメラは寄ってくるはスモークで周囲がかすむはもうろうとするうち終わりました。

 

楽屋に倒れこんだ4人は誰いうとなく「こんなこと二度とごめんですね」

 

1時間ほどすると誰いうとなく「またやりたいですね」

 

先生が笑って「一度ステージでライトを浴びたら病みつきですよ」

 

ステージ衣装

朝日新聞朝刊にステージ衣装の通信販売の広告。

 

コーラス、フラダンス、社交ダンス、大正琴などの発表会用で1万円以下です。

 

私とステージ衣装とのかかわりはヤマハエレキギターを習いだしてからです。

2年目くらいの時ヤマハの西日本の教室のバンドコンテストに出ることになったんです。

担当の先生に「ステージ衣装、どうしますか」と聞かれて「ブレザーを着ます」と言ったら即「普段着はダメ!」。

「じゃあちょっと派手なのを買います」と言ったら即「ちょっとハデくらいではダメ!町を着て歩けないようなのでないとダメ!」。

「そんな恰好は・・・」と渋ってたら先生が「私の白いタキシードを着てください!」。

冗談じゃないと思ったけど先生の気合に負けて着ることになりました。

「白いエナメルの靴で」と言われるので「持ってません」と言ったら古道具屋に連れていかれた。

店頭に「白いエナメルの靴のなれの果て」みたいなのがころがってた。

750円という値札に恥じぬしょぼさであった。

先生が「ステージでライトを浴びたらこれで十分」と言われたので買いました。

 

当日、白いタキシードと白いエナメルの靴のなれの果てが演奏よりも注目を集めた。

ヤマハの社員が楽屋まで見に来るほどであった。

ステージ衣装がいかに大切か知ったし、後日ビデオを見て750円の白いエナメルの靴のなれの果てがライトによって燦然と輝くことを知った。

 

鹿せんべい飛ばし大会」に出るようになってからは「ステージ衣装命」という感じになりました。

先生指定のステージ衣装屋さんにせっせと通いました。

その店には町を着て歩けないようなド派手な服が大量にあった。

結婚披露宴用貸衣装のお古だそうです。

「白いタキシードの上着のなれの果て」だと5000円で、店につるしてあると中華料理店の制服みたいなんですがステージでライトを浴びると燦然と輝く。

大阪の若手芸人の衣装はだいたいここで1、2万円のものだそうです。

私が選ぶのはその店の最高級品、4、5万円の「エバラ焼き肉のたれ黄金」みたいな豪華キンキラ金衣装でした。

その衣装でヤマハの発表会に出ると「ギターがヘタ」とか言わせないし言えない。

 

ただ、家内が泣いていやがった。

豪華キンキラ金衣装の私を見て、「こんな人と結婚したのか」と思ったそうです。

鹿せんべい飛ばし大会」引退を宣言したら「待ってました!」とばかりまとめて粗大ゴミに出してしまったのは残念であった。