若草鹿之助の「今日はラッキー!」

日記です。孫観察、油絵、乗馬、おもしろくない映画の紹介など

モールス信号

「モールス信号」はよく知ってます。

「トトト・ツーツーツー・トトト」が「SOS」だということだけ知ってる。

「モールス信号」と聞いてぱっと浮かぶのは「嵐の海」です。

巨大な波に今にも飲み込まれそうな船。

船員が脂汗を浮かべて必死の形相で打電する。

「トトト・ツーツーツー・トトト」

画面が変わって基地の無線室。

打ち出されてくる紙を見て技師がハッと驚いて所長室に駆けつける。

「所長!日昇丸からSOSです!」

「ナニッ!」

こういう感じの場面をテレビや映画で何度も見たように思います。

「モールス信号は子供のころから知ってますよ」という感じで今日まで来ました。

 

アメリカ政治における妄想症候群』という本を読んでます。

「被害妄想」という精神疾患がある。

まわりの人から非難されてる、責められてる、危害を加えようとされてると思いこむ。

これが社会的にも起こるというんです。

「我が国が狙われてる。我が国の宗教、文化を絶滅しようという巨大な国際的陰謀がある。我が国は孤立無援である」

どこの国でもこういうことが起きる。

アメリカも建国以来繰りかえし集団的被害妄想が発生してるという本です。

 

その中でよくあるのが「カトリック教会がアメリカのプロテスタント教会を滅ぼそうとしている」というものだそうです。

『合衆国の自由に対する海外の陰謀』(1835年出版)という本がある。

ローマ法王とヨーロッパの専制君主たちがアメリカを滅ぼそうとしている。すでにイエズス会の宣教師たちが送り込まれアメリカ全土で活動している。彼らの陰謀が成功すればアメリカにハプスブルグ家が乗り込んで来てアメリカ国王を名乗りアメリカ人を支配するのだ。アメリカ人よ、目を覚ませ!」

 

この「トンデモ本」の著者は、「有名な画家であり電信の発明者であるS.F.B.Morseである」と書いてあるのを読んで、「え?電信の発明者って、ひょっとしてモールス?」と思ったんです。

そうでした。

モールス信号を発明したのが有名な画家だというのも意外だし、狂信的反カトリック主義者で奴隷制擁護の人種差別主義だったこともびっくりです。

 

モールス信号は他の通信手段の発達で徐々に使われなくなって、今も使ってるのは日本の漁船くらいだそうです。

モールスってどんな人か知りたくなってきました。

あれこれ知りたくなるのも困ったもんです。

 

 

 

 

 

 

 

「気」を送る

「気」という重要な概念があるようです。

私が人間ドックで見てもらった病院の女医さんも「気」が大事だと言ってました。

あなたの周囲も様々な「気」で満ちていると言ったり、人間が「気」を合わせて祈れば星を生み出すこともできると言ったり、医者なんか信用したらダメですよと言ったり不気味な女医さんでした。

ある方のブログを読んでたら「気」が出てきました。

九州の方なんですが体調がすぐれないので「東京の〇〇先生」から「気」を送ってもらうというんです。

そういう人が集まる会場に大勢集まってて先生がインターネットを通じて「気」を送ってくれる。

会場を出るときはさわやかな気分だったそうです。

 

先日家内が知り合いと電話で話した。

その方が心臓の手術するというので「空気」を送ったというんです。

家内には「気」を送るだけの能力というか資格というか妖しさというか、そういうものは一切はないとは思うんですが、それにしても「空気」を送るとは間の抜けた話だなあ、受話器に向かって「ふ~ふ~」息を吹きかけたんだろうかと思ったらちがいました。

空気を送ったんじゃなくてクッキーを送ったんです。

家内の滑舌の悪さと私の耳の遠さが織りなすコラボレーションであった。

 

「いまいち」という言葉はいつごろから使われだしたんでしょうか。

新聞の書籍広告。

原田マハさんの本。

美術関係の本を書いてる方ですね。

『いまいちの絵』

有名な絵の中で原田さんが「いまいち」と思う絵を取り上げた本だろうと思いました。

ちがいました。

『いちまいの絵』でした。

読みまちがった私が悪いんですがなんで「いちまいの絵」?

「一枚の絵」でしょう。

「一枚の繪」という名前の会社があるからでしょうか。

「セロテープはニチバン登録商標だから使ったらだめ」とか。

調べたけどいまいちわかりませんでした。

 

 

 

漁師のマグロ丼

土佐漁師伝統の豪快マグロ丼を5980円でご家庭で!というようなハデなもんじゃありません。

生協の冷凍「漁師のマグロ丼」です。

流水解凍10分でお気軽につつましくいただいてます。

きのう、その「漁師のマグロ丼」で大失態であった。

流水解凍をするはずのところなんたることかボイルしてしまったのだ。

ボンカレー吉野家牛丼とこんがらかったんですね。

十分沸騰させて「漁師のマグロ丼」の袋を取り出した瞬間なんかヘンだと思いました。

色がちがう。

マグロの赤味がなくて薄茶色である。

なんかヘンだなと思いながら袋をじ~っと見たら「流水解凍」の文字が目に飛び込んだ。

わ!

えらいこっちゃ!

しかたなくご飯の上に出したらマグロの外側は薄茶色で中の方は赤かった。

「漁師のマグロ丼」と「漁師のマグロ炊き込みご飯」をいっしょに食べているような感じであった。

いいんじゃないでしょうか。

モンドセレクション金賞」はムリでも「モンドセレクションまあいいで賞」くらいはもらえると思う。

 

生協のお兄さんがこれを持ってきたときからイヤな感じだったんです。

いつもの宅配のお兄さんが家に入ってきてニコニコと「芝生がきれいですねえ!」と言ったんです。

雑草だらけになってていくら何でももう抜かなければと思ってたとこなんです。

はじめ嫌味を言ってるのかと思った。

生協のお兄さんに嫌味を言われる筋合いはない。

黙ってたら追い打ちをかけるように「手入れが大変でしょう」という。

嫌味としか思えない。

 

むかつきながらの「漁師のマグロ丼」だったのでまちがってしまったんでしょう。

 

 

 

脱脂粉乳の味

朝日新聞広告。

脱脂粉乳の味を、いまもずっと覚えている。」

 

何の広告かと思ったら「ユニセフ遺産寄付プログラム」。

「そうくるか!」と思いました。

 

「そうくるか」と言われたことを思い出した。

何年か前、自治会役員の任期を終えての慰労会。

まず乾杯ということで隣りの席の熟年女性副会長Sさん、わが自治会を代表するふっくらさんにビールをつごうとした。

「・・・いや・・・わたしは・・・」

「飲まないんですか」

「飲むんですけどね」

「じゃあ乾杯だけ」

「・・・いや」

「あまり好きじゃないんだ」

「お酒は好きです」

「じゃあ」

「いや、やめときます」

「ははあ、飲むとこわなるんやな」

「アハハ、そうくるか」

 

さて「脱脂粉乳の味」です。

ユニセフが我々世代の遺産を狙ってるんですね。

脱脂粉乳に目をつけた。

覚えてますよ、脱脂粉乳の味。

「うまかった!」とは思わない。

目のつけ所が悪かった。

「味」を思い出して遺産を寄付する気にはならない。

というか、「味」を思い出したら寄付したくなくなる人が多いのではなかろうか。

脱脂粉乳の栄養を今でも覚えてる」

これならいける。

食糧難の時代を生き抜くことができたありがたさを思い出して寄付する人もいると思う。

この広告を書いた人は脱脂粉乳の味を知らんな。

 

 

 

 

 

「あの娘たずねて」

朝日新聞訃報欄。

歌手の佐々木新一さんが亡くなった。

1946年生まれということで私と同じ年ですが知りません。

知らない歌手だなあと思いつつ記事を読んでびっくり。

1966年「あの娘たずねて」が100万枚の大ヒットというんです。

知りません。

ぜんぜん知りません。

佐々木さんの名前もおぼえてないし「あの娘たずねて」もまったく記憶にない。

私が20歳の時の100万枚突破の曲をおぼえてないなんてそんなことあるだろうか。

家内に聞いても知らないという。

で、家内のスマホで検索。

ステージで歌う様子が出ましたが顔を見てもおぼえがない。

前奏が始まっても聞いたことない。

歌いだした。

「♪花の東京のど真ん中・・・」

聞いた瞬間家内と声を合わせて叫びました。

「知ってる~~~!」

特大の「知ってる」です。

当時イヤになるほど聞いたんでしょうな。

ハタチの私の耳と脳にこびりついたんですね。

今だとこうはいきませんよ。

100万枚売れようが500万枚売れようがこびりつかない。

1000万枚売れようがアメリカで売れようが肝心の私が知らないのではどうしようもない。

今の歌手は気の毒である。

 

「あの娘たずねて」ですがネットで歌詞を調べました。

あの娘を東京中さがしまわるんです。

見つからないので大阪に行ってさがす。

大阪でも見つからないので次にどこに行ったと思います?

高松です。

なんで高松?

作詞者が高松出身かと思ったけどわかりませんでした。

 

ひょっとすると「南国土佐を後にして」で四国ブームだったのであやかったのか。

ちがうようです。

「南国土佐を後にして」は195年のヒットだからちょっとずれる。

調べるとこっちもナゾです。

最初のレコード化のときはA面が「南国土佐を後にして」なんですがB面が衝撃的です。

「ドクトル・ジバンヌ」(トルコポピュラーソング)

なんですか、これ。

「A南国土佐を後にしてBドクトル・ジバンヌ」

実に奇怪なカップリングである。

大ヒットしてからレコード会社もこれではまずいと思ったようでB面の曲を入れ変えてます。

「おけさ時雨」

誰もが納得の選曲です。

 

最後になりましたが佐々木新一さんのご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

玉鷲!

大相撲夏場所です。

魁皇なきあと(引退後という意味です)特に力を入れて応援する力士がいないんですが玉鷲はいい。

一直線!という感じが気持ちいい。

これしかない!という感じで非常に気持ちいい。

今日も一直線でした。

万全でないとはいえ横綱照ノ富士を一直線。

一瞬です。

ビューティフル。

一直線型の力士は爆発的破壊的です。

漢字を使わずに言うと「ふんぎゃ~~~!」という感じです。

私が対戦したら一瞬で脳震盪骨折脱臼肉離れバラバラになって失神です。

玉鷲は爆発的破壊的じゃない。

「ふんぎゃ~~~!」じゃない。

私が対戦しても無傷です~っと土俵の外という気がします。

ヘンなことしないから安心して見てられます。

勝っても負けても気持ちいい。

応援しても損はない。

 

 

ブンブンブン蜂が飛ぶ

イヤな感じ、と思うことがあります。

聞こえにくいとかもの忘れとか。

 

先日、しょうちゃんみいちゃん兄妹が来ていっしょに庭に出たら「ハチハチハチ!」という。

蜂なんかどこにもいないのに。

と思ったらブンブン音がしてるというんです。

聞こえません。

 

もの忘れの定番というか定期便は自治会の防犯パトロール

週に一度なんですが今月は月曜来月は火曜と毎月変わるのでどうしても忘れてしまう。

忘れないようにカレンダーに印をつけても見るのを忘れる。

忘れないように当日の朝からパトロール用の帽子を目に見えるところに置いても忘れる。

イヤな感じである。

 

先日のパトロールの日は準備万端怠りなく待ち構えてました。

いつも3時45分に家を出て集合場所の公園に向かいます。

昼食後、本を読んだりテレビを見たりしながら時間をつぶして時計をチラチラ見てた。

さあ45分になった。

出発!と帽子をかぶってもう一度時計を見た。

45分である。

45分であるがなんかおかしい。

なんかおかしいなと私の脳が首をひねる。

脳に首があるかどうか知らんけど。

じ~っと時計をにらんで考えた。

45分はあってる。

45分はあってるけど時刻がおかしいのじゃないか。

4時である。

4時45分である。

・・・パトロール終ってますがな。

つまり私はどういうわけか1時間まちがえて待ち構え続けてた。

待ち構え続けてるうちにパトロールは終わってた。

イヤな感じである。

忘れるよりイヤな感じである。