若草鹿之助の「今日はラッキー!」

日記です。孫観察、油絵、乗馬、おもしろくない映画の紹介など

港湾建設

きのう妹夫婦がきたんですが妹の夫Yさんが80歳になったと聞いて、ちょっと「大台」と感じました。

 

若いですよ。

おしゃれです。

ず~っとおしゃれ。

経歴に似合わずおしゃれ。

国家公務員で港湾建設の人で、その後もず~っと港湾建設の人。

そう聞くと、作業服、ヘルメット、地下足袋というイメージじゃないですか。

ちがいます。

一番びっくりしたのは若いころ紫のスーツを着て現れた時で、国家公務員港湾建設の人というよりホストという感じでした。

 

その後も終始一貫しておしゃれ。

ホスト系を卒業してからはチョイ悪おやじ系で、今は、え~っと、なんちゅうかとにかくおしゃれ。

 

いまだに現役で仕事をしてるというのがすばらしい。

どんな仕事か知らんけど。

「港湾建設」と言うとわかったような気がするけど具体的に何をしてるのかは知りません。

会社を辞めてからは自宅で港湾建設というのがナゾ。

自宅で盆栽というならわかりますよ。

自宅で港湾建設ができるのか。

たぶんスマホでできるんでしょう。

 

さてそのYさんのスマホで集合写真撮影。

撮影の前に妹が、サアサ皆様お聞きください、声を張り上げた。

なにかと思ったセルフタイマー撮影の時にスマホを乗せる台をYさんが作ったというんです。

自慢の逸品らしいのですが、見ると単なる針金細工、知恵の輪のできそこないという感じのものであった。

ウチの長女が「すばらしー!ヒャッキンで売れるのとちがう?」と言ったところを見るとスマホ愛用者には「すぐれもの」なのかもしれない。

 

しかし、よく見ると左右の高さが1ミリか2ミリちがうんです。

Yさんに言ったら、まあいいじゃないですかと笑ってた。

さすが港湾建設の人だと思いました。

港湾建設で1ミリ2ミリの狂いは問題にならない。

1メートル2メートルでもだいじょうぶかな。

Yさんが問題にするのは10メートルの狂いだと思います。

 

さて、セルフタイマー撮影をしたんですが驚いたことにシャッターボタンを押してからいつシャッターが切れるのかわからないんです。

ふつう「10秒」とか設定するじゃないですか。

で、光が点滅して「パシャ!」と切れる。

そういうのが一切ない。

Yさんがボタンを押して走ってきて、全員じ~っとして、Yさんが「いち、にい、さん・・・じゅういち、じゅうに・・・」と指を折って、おもむろに「もういいかな」と言って確認するんです。

 

さすが港湾建設の人だと感心しました。

港湾建設で10秒20秒は問題にならない。

10年20年単位です。

たぶんYさんのスマホは港湾建設用で、10年後にシャッターが切れるような設定になってるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千客万来

千客万来!というほどでもないですが。

 

東京から妹夫婦が来ました。

そこへ長女が来た。

妹夫婦と長女はコロナ以来久しぶりの対面で懐かしがってた。

しばらくして学校帰りのあきらくんがやって来た。

もちろんあきらくんは懐かしがらなかった。

 

長女とあきらくんが帰ったと思ったら、車で近くを走ってるてっちゃんママから電話。

てっちゃんにおっぱいを飲ませたいので行ってもいいですかとのことで思いがけずしょうちゃん、みいちゃんも来た。

 

千客万来と言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

妹と家内が顔を合わせると体重の話で盛り上がるというかケンケンかカンカンかゴウゴウかガクガクか知らんけど、あれこれいろいろうるさかったんですが、そういう時期は過ぎたようで超越というか達観というか諦観というか体重の話は出たけどあっさりしたもんであった。

 

超越、達観、諦観ならおまかせくださいと言わんばかりのてっちゃん。

家内の声に反応するてっちゃん。

私の声には無反応。



シュトーレン

近所のパン屋さんにシュトーレンを電話で予約しました。

このあたりでは一番の繁盛店です。

ここが本店でもう一店舗ある。

ご主人が社長ですがいかにも頭の回転のよさそうな奥さんが本店で何人もの店員を率いて陣頭指揮。

 

ファンが多くて遠方からも買いに来る。

1万円程度買う人はざらです。

そんなに大量のパンを買ってどうするのかと心配になるほど買う。

自然派」というウリのようです。

 

本店では普通のパン類を作ってて、サンドイッチとかは別店舗で作って持ってくる。

「サンドイッチは10時過ぎに入ります」という感じです。

 

電話で予約した時、シュトーレンは1時過ぎに入ると言われた。

で、1時15分くらいに行きました。

 

奥さんがいたので、「シュトーレンを予約してるんですが」と言ったら驚いたような表情で、「え!もう来はったんですか!?」と言ったのでこっちが驚いた。

車が遅れたのか。

 

「まだ来てないんですか?」

「もう来てます」

 

?も、も、もう来てます?

 

頭の回転が良すぎてすべることもあるようです。

 

 

 

ワールドカップ2

きのうはサッカーワールドカップ日本対コスタリカを見ました。

サッカーはワールドカップを見るくらいです。

 

きのうの試合は余裕を持って見た。

なぜかと言うと、前の試合で日本は強豪ドイツに2対1で勝ってる。

そしてコスタリカは強豪スペインに7対0で負けてる。

理屈で言うとというか常識的に考えるとというか誰が考えてもというかふつうに行けばというか、日本はコスタリカに4対0くらいで勝つはずである。

 

そういう余裕を持って見ました。

試合が始まってすぐ気づいた。

私の余裕が日本選手に乗り移ってる。

余裕の動きというかゆるい動きというかぬるい動きというか、「コスタリカ」「4対0」が私のアタマから選手のアタマに移植されたような感じ。

4点のうちの1点をいつ取ろうかなという感じ。

 

これはまずいんじゃないのと思いました。

ここはオフサイド覚悟で攻めあがるべきだ!と思った。

オフサイドが何のことか知らない私ですがそう思った。

 

そう思ってるうちに前半が終わった。

 

後半が始まると日本選手は前半よりは攻めたけど相変わらず4点のうちの1点をいつ取ろうかという感じだった。

時間がたつにつれ日本選手の考えも徐々に変わって、4点はムリっぽいから3点のうちの1点をいつ取るかになり、2点のうちの1点になり、うわっ、1点しか取れないんじゃないかという雰囲気のうちにコスタリカに1点取られた。

 

あとはアナウンサーも解説者も「時間はまだあります!時間はまだあります!」と叫ぶばかりでサッカーを見てるのか電車に乗り遅れそうになって時計を見ながら走ってるのかわからないじたばたの中で試合終了。

 

あらためて私の理論の正しさが証明された一戦であった。

鹿之助のサッカー第一法則。

サッカーは強い方が勝つ。

第二法則。

サッカーは勝った方が強い。

 

そんなもん法則じゃないという人もあるけど、あまりにもスキのない法則はそういう非難を受けることがある。

 

日本対スペイン戦の予測を公開。

強い方が勝つ!

 

 

 

サッカーワールドカップ

サッカーはワールドカップを見るくらいの関心はある。

オフサイドが何のことかはあいかわらずわからない。

 

日本の初戦の相手ドイツが強豪であることくらいは知ってる。

日本が強豪でないことは知ってる。

ドイツは優勝の可能性があると思う。

日本は優勝の可能性がないと思う。

 

ところが、サウジアラビアがアルゼンチンに勝った。

アルゼンチンは強豪でサウジアラビアは強豪じゃない。

アルゼンチンは優勝の可能性があるけどサウジアラビアにはない。

 

ということは日本がドイツに勝つ可能性はある!と論理的判断をくだした。

そんなもん論理的判断と言わないという見方もあると思うけど。

 

日本がドイツに勝つ可能性はあると判断したんですが日本がドイツに勝つとは思わない。

これは私のアタマが論理的でないからでしょう。

 

で、夜のテレビ中継を見る気はしなかった。

朝のテレビニュースで負けを確認すればいいと思ってた。

 

で、朝、わざわざテレビをつけるほどじゃないと思った。

まず朝日新聞朝刊を見た。

朝刊には試合前半のことだけ出てた。

 

前半でドイツに一点取られたと書いてあった。

その後日本はよく守ったけど強豪との力の差を思い知らされた前半であったと書いてあった。

 

やっぱり負けたんだと思ってテレビをつけたら二対一で勝ってた。

論理的判断と言うのはやはり正しいようです。

 

あわてて再放送を録画しました。

録画したのを見て、サッカーも相撲といっしょで勝った方強いと思いました。

 

 

 

 

 

自己肯定感

神戸からはなちゃんことちゃん一家が来ました。

 

小学5年生のことちゃんの背が伸びてたので身長を聞いたら145センチだそうです。

体重を聞いたら、「そんなこと聞いたらあかんねんで」。

失礼しました。

 

中一のはなちゃんは積極的にいろんなことに挑戦してます。

音楽会やクリスマス会のピアノ伴奏にも立候補したそうです。

「私より上手な子でも手を上げない子がいるの」

「ふ~ん、はなちゃんは出たがりの目立ちたがりなんやね」

「そんな言い方はないでしょ」

失礼しました。

 

ことちゃんがギターケースからギターを取り出した。

ポロンポロン鳴らして遊んでた。

私が「これはピックガードって言うんだよ」と教えたら、「はなちゃんに教えてやってたね。これはピックガードとかペグとか」と言う。

なんのことかと思ったら『今日はラッキー!』に書いてあるというんです。

おぼえがないので調べたらありました。

たしかに2012年7月4日にはなちゃんにギターのパーツの名前を教えてます。

その記事をことちゃんが読んでおぼえてる。

記憶力全盛期に突入してますね。

 

ギターがすんで以前よく遊んだ懐かしい積み木を出してきました。

はなちゃんが小さいころ落書きした積み木がありました。

これを見た時のみいちゃん(幼稚園年長)の反応を紹介しました。

「みいちゃんがね、これを見て、『かわい~い!まるでわたしみたい!』って言ったんだよ」

ことちゃん「みいちゃんてナルシストやな」

はなちゃん「まあ、自己肯定感があるのはいいことやけどな」

舟木一夫ショー

『徹子の窓』に舟木一夫が出てて、この人も不思議な人だなあと思いました。

私が高校大学のころ大人気で、その後忘れられたと思ったら30年ほど前大復活した。

ファンだった少女たちがおばさんになって「青春よもう一度!」という感じなのはわかりますが、それならほかの歌手の大復活もあっていいんじゃないか。

この人はよほどヒット曲を連発してたんだろうか。

 

高校美術部の新年会だったか教室に大勢集まって指名されて歌を歌ったことがあった。

瀬上さん姉妹が立ち上がって「わたしたち合唱します」と言ってふたりでしばし手を合わせてすわった時は一瞬なんのことかわからなかった。

部長だったgicchonさんが舟木一夫の『学園広場』を歌ったのも強く記憶に残ってます。

舟木一夫と言うよりシューベルトの人と思ってたんです。

 

大学のころラジオを聞いてたら「芸能記者座談会」みたいなのがあって、そのなかで「舟木一夫は周囲の人に『先生』と呼ばせてるがあれはよくない」と言ってたのを思い出した。

「日活は舟木一夫主演の映画はもう作らないらしい」とも言ってた。

当時全盛期を過ぎかかってたようです。

 

家内と舟木一夫のヒット曲について話してたら家内が次々に歌いだした。

「高校三年生」「修学旅行」「学園広場」「きみたちがいて僕がいた」「花咲く乙女たち」「絶唱」「高原のお嬢さん」・・・。

すごい!

 

家内の中学時代ですから記憶力の最盛期全盛期絶頂の頂点。

耳から入ったものは自然におぼえてたんでしょう。

家内が歌うと私も「そうそう!」と思うのもすごいと思いました。

私も全盛期の終盤かな。

 

舟木一夫がすごいのか記憶力全盛期がすごいのかよくわからんけどとにかくすごいと思いました。