若草鹿之助の「今日はラッキー!」

日記です。孫観察、油絵、乗馬、おもしろくない映画の紹介など

『カール・ヘスター:金メダルへの道』

イギリス馬場馬術のオリンピック金メダリスト、カール・ヘスターが書いた本を読んでます。

f:id:shikanosuke65:20200531132441j:plain

1967年生まれのカール・へスターは1992年のバルセロナオリンピックにイギリスオリンピック馬場馬術史上最年少で出場、2012年のロンドンオリンピックの団体で金メダル、2016年リオデジャネイロ団体で銀メダル、その他の国際大会でたくさんメダルを取ってます。

 

いいとこのおぼっちゃまかと思ったらそんなことなかった。

ぜんぜんちがう。

「不良女子高生だった母は、17歳の時私を生んだ。おなかが大きくなって近所のうわさになる前に、そういう少女たちのための施設にやられてそこで出産した。私が養子に出されなかったのは祖母の決断であった」

金メダリストの手記にしては率直です。

「4歳の時にシングルマザーの母とともにイギリスの離島サーク島に引っ越した。

母はホテルの清掃係兼客室係として働いた。

ある朝母の部屋に行ったら見知らぬ男が母とベッドにいたので驚いた。母と結婚して義理の父になったジェス・へスターである。

弟と妹ができた。義父は弟と妹をかわいがったが私には口うるさかったのでつらかった」

率直です。

 

このサーク島というのは地図で見るとイギリスから遠くてフランスの目の前です。

何でこの島がイギリス領なのか不思議です。

小さな島で人口は600人ほど。

夏の間の観光で食べてる島だった。

島民が二年交代で警官を務める。警官の主な仕事は酔っ払いの保護。

小学校の運動場の目の前が刑務所だった。世界一小さい刑務所として有名で、部屋が二つ、緑のドアの上の方が格子になってて入れられた酔っ払いが見えた。

子供たちは中の酔っ払いをののしったり石を投げたりした。

ひどい話ですね。

自動車が禁止されてて交通手段は自転車か馬。小学校の友達で小型の馬に乗ってくる子が多かった。

カール少年は馬を持ってなかったが、友達の馬に乗せてもらって自然に馬と親しむようになった。

中学は隣の大きな島の寄宿学校に入った。

寄宿舎につきもののいじめはあったがそれはたいして気にならなかったが勉強がイヤだった。「寄宿舎は人格を作る」というが、それは本当だと思った。

中学を出ると、ホースセラピーの施設(身体的、精神的に障害のある子どもを預かって馬との触れ合いを通じて教育する施設)に就職して馬の世話をしながら競技会に出るようになった。

それから自然にオリンピックにつながると思ったらつながらない。

その施設をクビになるんです。

「まじめに仕事をしない」「生意気だ」

18歳で施設を追い出されて島に舞い戻る。

朝から観光客相手の馬車で稼ぎ、夜はホテルのバーで働いて稼いだ。

う~ん、どこでオリンピックにつながるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

バースデーカード

6月1日は7年前まで家内の誕生日でした。

7年前の6月1日にあきら君が生まれて、6月1日はあきら君に乗っ取られてしまった。

家内の誕生日を6月1日に祝うにはあきら君の許可が必要になってしまった。

禁止されてるわけではないのでバースデーカードが届きます。

今回、衝撃のカードが届いた。

3歳児幼稚園年少さんのみーちゃんからのバースデーカード。

これです。

f:id:shikanosuke65:20200531104050j:plain

これはすごい!

ウチの孫は全員天才少女天才少年ですが、みーちゃんはレベルがちがいますね。

家内と二人、カードを持つ手がふるえました。

この子は末恐ろしいです。

 

「一文字」という認識がはっきりしてる。

「一行」という認識もはっきりしてる。

 

見よ!これが文字だ!という気合があふれてます。

私は文字を書いているのだ!という強く激しい意思がほとばしり出ています。

霊気、霊力を感じます。

我が家の門に張り付けてコロナ封じにします。

 

これを書くのに精力を使い果たしたみーちゃんは発熱して寝込んでるそうです。

 

 

専門家会議議事録

新型コロナウイルス専門家会議の議事録を作ってなかったというのにはびっくりしました。

その理由にまたびっくりしました。

官房長官は「率直な議論をしていただくため発信者を特定できないようにした」と言ってます。

西村経済再生担当大臣は「自由に議論していただくため発信者を特定できないようにした」と言ってます。

なんですかそれ?

わけわからん。

まだ、安倍さんと菅さんと西村さん三人ならんで「忘れてましたあ!すんませ~ん!」と頭を下げる方が納得できます。

 

これまでに培ってきたすべてをお国のため国民のためにささげる覚悟で集まった専門家の方々ですよ。

「国家の非常時に私のすべてをささげます!」という勢いですよ。

「発信者を特定できないように」って失礼じゃないですか。

 

私ならどうする?

素人の意見も聞いてみよか、という感じで専門家会議に呼ばれるかもしれない。

そのときは、「え~、私は素人でなんにも知りません。コロナのことも感染症もまったくちっとも全然知りません。なんでもええから言うてみなさいとのことなのでお話ししますが、頓珍漢なことも多いと思いますので発言には責任持てません。議事録には載せないでください」とお願いします。

 

相手は専門家ですよ。

日本を代表する、いや世界を代表する専門家ですよ。

「名前を出したら自由に率直に議論できない」と思うのは畜生の浅ましさですよ。

専門家をなんだと思ってるんでしょうか。

専門家というのは、政治家とちがってアホな二代目でもなれるというものじゃない。(この部分議事録から削除)

 

いや、ひょっとすると名前が出ると自由に率直に議論できないような専門家もいるのかもしれない。

菅さんと西村さんが正しいのかもしれない。

専門家についてよく知らないのでちょっと考えさせてください。

 

マスクエチケット

マスク常用時代になるかもしれない。

「マスク道若草流家元」を名乗って一儲けできるかもしれない。

きれいなつけ方、きれいな外し方、フォーマルマスク、カジュアルマスク、いろいろ考えてみよう。

 

今日、駅前の銀行へ行くのにバスに乗らずに駅まで歩きました。

そういう人は増えていて、今日も知り合いとすれちがった。

マスクで会釈されると困ります。

だれかわからん。

会釈する時は外すのがマスクエチケットです。

それが面倒ならマスクに名前を書く。

 

冬に毛糸の帽子をすっぽりかぶってマスクだとほんとに誰かわかりませんよ。

帽子だけでもわからないことがある。

去年の12月、馬に蹴られて整形外科への道を歩いてたら、近づいてきた車がとまって運転席の男性が会釈した。

誰かわからなくて戸惑ってたら帽子をすっぽり脱いでピカピカ頭を見てNさんだと気づいた。

 

マスクに名前を書くのはそうヘンでもない。

訪問した会社で「IDカード」をつけさせられることがありました。

カードに「来客」と書いてあったり、こちらの社名を書いたカードをわたされて首からぶら下げることもあった。

ここまではカードなしでOK、ここから先は部外者立ち入り禁止、IDカード着用のことという決まりの会社があった。

あるとき、渡された社名入りのカードの上に、自分で「部外者」と書いたカードを入れて部外者立ち入り禁止区域に行って受付の女性に怒られたことがあった。

 

しかし、マスクは暑いです。

夏はマスクといっしょに頭に扇風機をつけるのがいいかもしれない。

頭につけた扇風機で冷やさないと熱中症になる。

小型で強力な扇風機が開発されると空を飛べるかもしれない。

飛ぶのはいいけど、あんまり強力だと首がちぎれるかもしれない。

 

今日、銀行からの帰り、向こうから来る若い女性のマスクの位置がヘンだと思った。

「お嬢さん、マスクの位置がヘンですよ」と注意してあげようと思ったら、マスクじゃなくて眼帯だった。

マスクをヘンな位置にしてたんじゃなくて、眼帯を正しい位置にしてた。

マスク不足の時は眼帯で代用してもいいかもしれない。

ただし私みたいなおちょぼ口専用。(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

『緋牡丹博徒』

きのうの本田路津子さんに続いて緋牡丹のお竜参上!

録画してあったのを見ました。

主演の藤純子さんは、私にとってはテレビの『スチャラカ社員』の女子事務員藤君です。それ以来ですからずいぶんご無沙汰です。

藤田まことが「ふじく~~~ん!」と叫ぶにやけ切った顔が目に浮かびます。

藤君の前任者長谷君のときも「はせく~~~ん!」とにやけ切ってたなあ。

当時、にやけ切ったダメ男をやらせたら藤田まことピカイチでしたね。

この時藤純子は高校生だったようです。

だいぶ後になって読んだ中原弓彦『日本の喜劇人』に『スチャラカ社員』の藤純子が出てきます。

『スチャラカ社員』の作者香川登志緒さんが、出演者の声帯模写コメディアン川上のぼるさんに「あの子(藤純子)に手ぇだしたらあかんで」と注意してたそうです。

 

さて『緋牡丹博徒』ですが、いきなりバクチの場面です。

どんなバクチかわからんが、きわめて静粛に厳かに執り行われてます。

氏子代表十数名による神事という感じです。

突然待田京助が「いかさま」を見破る。

詰め寄られた沼田曜一は「なんだと!」と居直って札を見せる。

私には何のことかわかりませんが、札を見た待田京助がハッとした表情になったので、いかさまだと思ってたのにいかさまじゃなかったみたい。

沼田曜一がにたりと笑って「覚悟はできているんだろうな」とにらむと待田京助は俎板の鯉という感じでどっかとあぐらをくんで目を閉じる。

万事休すと思った瞬間、緋牡丹のお竜さんがぱっと札めがけてかんざしを投げる。

私には何のことかわかりませんが、沼田曜一がハッとした表情になったので、やっぱりいかさまだったみたい。

つまりお竜さんは待田京助が気づくまではいかさまに気づかなかった。

修行が足りん。

そこへ親分登場。

お竜さんが「この落とし前はどぎゃんしてつけてんばってんたい!」とかなんとか熊本弁でどやしつける。

すると親分は沼田曜一に短刀を投げつける。

指を詰めろということですね。

部下に責任を取らせる。よくあるパターンです。

沼田曜一は「親分!それはないでしょう!」という表情で親分を見上げる。

それを見たお竜さんは親分に、「この落とし前は親分さんがつけてんばってんたい!」とか叫ぶ。

お竜さんが蓮舫さんで親分が安倍さんみたい。

親分苦悶の表情。

そして次の画面で沼田曜一が指を詰めるっておかしくないですか。

親分の勝ちじゃないですか。

やっぱり蓮舫さんと安倍さんか。

 

その親分の家を出たお竜さんが荷物を持ってないのもおかしい。

一宿一飯かなんかしりませんがボストンバッグくらいいるんじゃないですか。

 

なぜお竜さんが旅をしてるかと言うと、殺されたおとうさん(親分です)の仇を討つためなんです。

道端で殺されたおとうさんのそばに財布が落ちてたんですが、その財布を持って仇を探す旅に出るというのがおかしい。

地元でじっくり探すべきだと思うんですが。

何で財布を持って旅に出るの?

 

不思議に思って見るのをやめたんでお竜さんがめでたく父の仇を討てたかどうか知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本田路津子さん

インターネットで何か調べると、関連項目がぞろぞろでてくる。

さっき家内としゃべってて、私の子供時代の近所の「おねえちゃん」の話になった。

ぼんやりした記憶なんですが、私と同じくらいのちいさな弟がいて、みんなで遊んでて弟がいじめられるか何かで家に泣いて帰ると、おねえちゃんが玄関口に立ってこっちをじ~っとにらむんです。

いつまでもにらみ続けてるので有名だった。

家内は、近所の男の子をいじめたらおねえちゃんが出てきて怒られた記憶があるそうです。

弟がいじめられたらおねえちゃんは黙ってないという話から、そんな歌があったことを思い出した。

「♪ぼくをいじめると、姉ちゃん来るぞ」というような歌詞だった。

ネットで調べたら小室等作曲となってた。

小室さん関連で「本田路津子(るつこ)」が出てきたんです。

おお!本田路津子さん!

おぼえてます。

ネットで調べたら「元フォーク歌手」、1970年『秋でもないのに』でデビュー、1971年『風がはこぶもの』『一人の手』と連続ヒット、1975年に結婚引退。現在はゴスペル歌手となってます。

きれいな声の人だったなあとなつかしく思いだしたんですが、あれ、この人のステージ見たことあるぞ。

妹といっしょに大阪の厚生年金会館で見たことを思い出しました。

吉田拓郎とか「猫」というグループといっしょに本田さんが出てたんです。

吉田拓郎が、「本田ロツコです」と紹介してました。

なぜか本田さんだけはっきりおぼえてる。

ギターを持って静かに歌う人というイメージだったのに、このとき『風がはこぶもの』の前奏に乗ってステージの袖から登場したんです。

右足、左足と交互にかかとをつけてリズムを取って、腰を沈めながら首を右左に傾けて手拍子という、「ちょっとアイドル風パフォーマンス」が意外だったので記憶に残ってるんだと思います。

吉田拓郎とか他はなんにもおぼえてない。

司会(?)がせんだみつおでした。

たぶん1971年か1972年のことだと思いますが、どういうコンサートだったのかナゾである。

妹はおぼえてないと思います。

 

 

 

 

 

首相の肉声

朝日新聞社説。

安倍首相が原稿丸読みで肉声が聞こえないとぼやいてます。

肉声とは?

私が思い浮かべるのは牛の鳴き声です。

朝日新聞は安倍首相に「モ~~~~!」と言ってほしいのであろうか。

いや、肉声と言えば豚だ、豚は豚でも薩摩黒豚!いや、豪快にジンギスカンなどと勝手なことを言うのはやめてください。

肉声の話をしてるんです。

朝日新聞はこれまでにも「安倍首相は自分の言葉で語ってない」とか書いてるんですがそんなことはない。

安倍首相にとってはアレが「自分の言葉」で「肉声」 なんだと思います。

業界にいると業界風になってしまう。

枝野さんも自分の言葉で肉声とは思えません。

外国ではどうなんでしょうか。

外国の政治家のほうが肉声に近いような気がするけど外国語だから自信なし。

ブレアさんがイギリスの首相だったころ「市民との対話」みたいな番組があって、そこでの話し合いは、ふつうの大人が世間話してるみたいでいい感じでした。

何で読んだのだったか、昔イギリスの首相が国民に対する放送で何かぶつぶつ言ってると思ったら、戦争に突入するという宣言だったそうです。

ヒトラーの演説なんか肉声を通り越して獣声という感じです。

肉声だったらいいのか、いや中身でしょという気もします。

自分の言葉なんかあるのか、いやそれは・・・と考えてしまいます。

日本の政治家の肉声で思い出すのは昔の福田首相です。

テレビで何か質問されたとき、福田首相はにっこり微笑んでこう言ったんです。

「その問題はですね・・・は~~~~~~・・・・・へ~~~~~~・・・・ほ~~~~~・・・」

あと何を言ったのかはおぼえてません。

結婚前の私に母があれやこれやなにやかやと言ったもんですが、私は何を言われても「は~~~~へ~~~~ほ~~~~」で押し通して切り抜けました。

これは邪推ですが、安倍首相は料亭では「おかみ、ちょっと席を外してくれますか」と自分の言葉で肉声で自然にしゃべってるんじゃないでしょうか。

国会ではまた別の自分の言葉と肉声になるんじゃないでしょうか。

料亭で国会を開くのがいいのかもしれない。

ほんとの国会は料亭なのかもしれない。

ちがうかもしれない。